株式会社さらご トップページ > 社名の由来 space
《 さらご 》の由来
社名の由来
新社屋建設中




今から115年以上昔。 明治35年(1902年)に、創業者である中井五一が東京赤坂で、インド更紗風の型染めによる旗・幕類の製造を始めました。 これが弊社の起源です。
当時は「赤坂の更紗染めの五一」と呼ばれておりましたが、次第に「さらさの五一」そして「さらご」へと、時とともに短縮されて、昭和20年代には「さらご加工所」という社名が定着しました。
その後、昭和38年(1963年)に株式会社として登記した際に、お客様から呼び親しまれている「さらご」を社名に用い、現在に至っております。
  • 1902年(明治35年) 東京赤坂にて創業
  • 1963年(昭和38年) 株式会社更五として法人登記
  • 1971年(昭和46年) 埼玉県大宮市に工場を新設
  • 1973年(昭和48年) 赤坂本社を鉄筋5階建に建替え
  • 1977年(昭和52年) 埼玉県大宮工場を増築
  • 1983年(昭和58年) 業界初のコンピュータ自動処理を導入
  • 1990年(平成 2年)  グループ会社(インテグラルシステム)設立
  • 1996年(平成 8年)  第2066712号(自動文字間調整)特許取得
  • 1998年(平成10年) 日本初、旗のインターネットショップを開設
  • 2000年(平成12年) 自社ドメイン(sarago.co.jp)取得
  • 2006年(平成18年) 赤坂本社ビルに飲食店舗オープン
  • 2013年(平成25年) 赤坂本社ビル再開発工事着工
  • 2017年(平成29年) 赤坂再開発ビル(赤坂インターシティAIR)竣工
copyright