株式会社さらご トップページ > ご利用にあたって space

〜 ホームページのご利用にあたって 〜

■ セキュリティ

当社のネットショップでは、インターネットでやり取りされるお客様の個人情報などの重要な情報を、第三者による盗聴や改ざん、なりすましから守ることを目的として、SSL(Secure Sockets Layer)やTLS(Transport Layer Security)を用いた暗号化通信を利用しています。
お使いのブラウザのセキュリティ設定が有効になっていない場合や、機能をサポートしていないブラウザをご利用の場合は、該当ページを表示できなかったり、情報の入力ができなかったりする場合があります。

■ 日付と時刻の設定

お使いのコンピュータに内蔵されている時計を正しく合わせてからご利用ください。
当社のホームページには、納期やお届け予定日などを自動計算して表示する部分がありますが、日時を計算するにあたって、お客様のコンピュータの内蔵時計を計算の拠り所としています。 したがって、誤った日時が設定されているコンピュータでアクセスすると、誤った納期が表示される場合があります。

■ Script および Cookie

当社のホームページには、お客様の利便性を高めるために「アクティブスクリプト」や「クッキー」と呼ばれる技術を利用している部分があります。
お使いのブラウザによってはそれらが利用できなかったり、設定によって機能を無効にすることができますが、その場合、ホームページのサービスの一部が正常に動作しなかったり、ご利用頂けなくなる場合があります。

■ リンクについて

当社のホームページへのリンクは原則自由ですが、以下のいずれかに該当するときは、リンクならびに当社名称の使用をお断りします。
  • 当社のホームページが他のページの一部として表示され、情報発信元を誤認させるような場合
  • リンク先のコンテンツが当社の信用を害するような場合
上の項目にあたらない場合は、基本的にリンクを許諾します。 当社のホームページはトップページから読まれることを想定して編集されていますので、リンクの際は必ずトップページにジャンプするように設定してください。

〜 コンプライアンスについて 〜

  • コンプライアンスとは
    英和辞典で"compliance"を引いても、法令順守や企業倫理という言葉は出てきませんが、日本では一般的に『法令を順守し、社会秩序を乱したり非難される行ないをしないこと』とされています。
    コンプライアンス(compliance)は、英語のcomplyという動詞の名詞形で、「協力(cooperation)」、「服従(obedience)」と訳されたり、withを伴って、「〜を遵守する」などと訳されます。 またある時は『ビジネスエシックス』(企業倫理)との関連で論じられていることもあります。
    企業活動にとって収益の追求はもちろん重要なことではありますが、当然ながらそれは健全な企業活動を通じて生み出されたものでなければなりません。 言うまでもありませんが収益追求のためには何をやっても良いのではなく、法令を順守することはもちろん、高い倫理観を保持しながら企業活動をする必要があるのです。 これがコンプライアンスの意味するところです。
  • コンプライアンスを実践するのは、私たち自身です。
    弊社のコンプライアンスは、役員及び社員の一人一人がコンプライアンスの意義をよく理解し、企業活動のみならず社会生活においても法令を順守した行動を取ることによって実践されます。 私どもは『コンプライアンス』を、株式会社さらごの一員としての行動指針そのものとして、今後も実践してまいります。

〜 準拠法及び著作権について 〜

  • 当社のホームページは法律や習慣の異なるあらゆる国々からアクセスすることができますが、諸外国のいかなる法律原理の違いに関わらず、当社のホームページの利用に関しては日本国の法律および東京都の条例に拘束されるものとします。
  • 当社のホームページで公開している文章や画像の著作権は、当社に帰属します。 これらの著作物を、「私的使用」又は「引用」など著作権法上認められた場合を除き、当社の承諾なしに抜粋、複製、転載、放送、翻訳、販売、貸与する事はできません。
    ・私的使用について
    ホームページに掲載するなど、公衆の目に触れる形での使用は私的使用にはあたらず、例えそれが個人のホームページであっても著作権法違反になりますのでご注意ください。
    ・引用について
    報道、研究などの正当な目的のために、その目的上正当な範囲内で使うことを指します。正当な範囲とは、 (1)その著作物のその範囲を引用する「必然性」がある。 (2)質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係が明確。 (3)本文と引用部分が明らかに区別できる――という要件を満たすこと、及び出典の明示が必要です。

〜 紛争の解決について 〜

  • 何らかの不法行為によって当社または当社の関係者が損害を被った場合は、当該不法行為者に対して損害賠償及び弁護士費用等の請求を行います。
  • 協議による解決を図ることができない場合は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする裁判により、紛争の解決を図るものとします。
copyright